ホーム >>  5つの環境整備事業 >>  太陽光発電 >>  太陽エネルギー灯

太陽光発電

太陽エネルギー灯

市民が憩う公園に設置された太陽エネルギー灯は、街が推進する「自然との共生」「環境保全への取り組み」をアピールできるだけでなく、広域災害避難場所への夜間照明を行います。
緊急時・災害時の誘導灯や非常灯としても威力を発揮します。地域社会のシンボルとして、ぜひご検討ください。

システムと特徴について

昼間に太陽電池によって光エネルギーを電気エネルギーに変換し、蓄電池に蓄えます。夜になると自動的に照明を点灯させます。

太陽エネルギー灯のしくみ 太陽光街路灯
  • 配線工事は不要。基礎工事のみで設置することができます。
  • 光センサーの利用により、周囲が暗くなると自動点灯し、夜明けと共に自動消灯します。また一定時間後に自動消灯させることも可能です。
  • 蓄電池がフル充電の場合、8日間の不日照日に対応できます。(1日10時間点灯)

太陽エネルギー灯外観図

太陽エネルギー灯外観図

ページトップへ