ホーム >>  5つの環境整備事業 >>  太陽光発電 >>  防災拠点としても活躍するサテライトシステム

太陽光発電

防災拠点としても活躍するサテライトシステム

サテライトシステムとは、公園施設(とくにトイレや東屋など)に太陽電池やインバータ、蓄電池を設置し、そこから周辺の照明やポンプなど複数の負荷へ電力を供給するというものです。
電力会社と系統連系されており、平常時には余剰電力を売電。災害時には、トイレ、換気、照明、ポンプといったライフライン確保のために電力を供給、被災者の生活の場を提供することで、防災拠点としての機能を図ります。

平常時と災害時の概念図

■平常時の公園

平常時の公園イメージ 平常時の昼間 平常時の夜間

■災害時に活躍するサテライトシステム

災害時の公園イメージ(サテライトシステムによる照明) 災害時の昼間 災害時の夜間

ページトップへ