水の環境整備

集落排水

集落排水処理施設は微生物の働きにより水を浄化する施設です。農村を始め、下水処理場から隔離された地域など、生活環境や水質を改善し、自然を守る点からもますます必要性が高まっています。当社は、地元と一体となり、排水における環境整備をきめ細かくサポートしています。

真空式汚水流送システムのしくみ

真空式汚水流送システムのしくみ
1.各家庭からの汚水
各家庭からの汚水 排出された汚水は自然重力で流入します。
2.真空弁付汚水桝
真空弁付汚水桝 汚水量が規定水位以上になると、水位検出管内の圧力が上昇し、コントローラが作動。真空弁が開き、真空管路に吸い揚げられます。
3.真空管路
真空管路 汚水は空気と一緒に吸入され、真空管路内部で激しく撹拌されます。
4.真空ポンプ場
真空ポンプ場 集水タンク、汚水ポンプ、真空ポンプ、制御盤、警報システムなどで無人自動運転方式で省力化を図ります。
5.下水処理場へ
下水処理場へ 汚水は圧送ポンプによって下水管または下水処理場へ運ばれます。

当社による施工例

西保クリーンセンター

納入先/
愛知県海部郡愛西市殿

仕 様/
処理人口 4740人
処理水量 12798m3/日
処理方式 JARUS XI型

大口クリーンセンター

納入先/
愛知県大口町殿

仕 様/
処理人口 1470人
処理水量 397m3/日
処理方式 JARUS Ⅲ型

ページトップへ